fc2ブログ
 

LOVEらぶ

*超ネタバレ満開です

いくつかTwitterでも呟きましたが
今日の綺伝、なんていうか改めて
役者・七海ひろき(敬称略)凄いぞ・・・!!!!
と頭殴られたような気持ちになりました。
ホントに観るたび新鮮なガラシャ様だなと。
進化とも深化とも違うんですけどね、
いや、それもそうなんだけど
何て言えばいいのか。
もちろん七海さんだけじゃなくて
キャストの皆さんそれぞれに
纏う雰囲気だったり台詞の間合いだったり
毎回違う部分があるのだけど
一番違うと思うのが七海さんと忠興様のじょうじさんだなと。

だからあのお二人の場面がね、
ホントに毎回抉られるというか・・・
なんだかんだ言いながら
愛しかない。
だから辛い。
あんなにお互い想い合っているのに
どうしてああなったのか・・・
って、忠興様も言ってるけどさ。

たま様を探し回っている時は
憎しみだけが溢れているのに
その姿を目にした途端の忠興様の様子が
まったく毒気が抜けているというか。
たま様の方も、地藏くんと一緒にいる時の
凛とした神々しいお姿とは違って
忠興様の前では一瞬でただの”一人の女性”になっているんですよね。

で、今日はその二人のやり取りがね、
もう何て言うか今これ書きながら
思い出し泣きしてるんですけど
(怖い)
あぁ、この二人は間違いなく愛し合っているんだなって
その言葉のやり取りと見かわす目から伝わってきて
辛くて辛くて仕方なかった。
忠興様に斬ってほしい、それが本望だと
笑顔で言うたま様に号泣でした(´;ω;`)ウッ…

それでもまだ躊躇する忠興様もね・・・
そりゃあそうですよね。
心から愛している人を斬るなんて(´;ω;`)ウッ…
ここの逡巡があっての忠興様最期の場面、
俺が斬ってやればよかった、いややはり・・・
の言い方が今日はとても優しく聞こえました(´;ω;`)ウッ…

神姿に変貌した時のガラシャ様の台詞回しも
ホントに毎回違うなと思うんですけどね、
今日とんでもなかった。
地藏くんに「参りましょう」って言った後、
ククッて笑い声がしたんですよ((((;゚Д゚)))))))
え?笑った?(震)
ってビックリしたし、その後の
「インヘルノへ!(ちょっと楽しそう)(再震)」の迫力が凄すぎて
背筋がゾクッとしました((´・ω・`;))
怖いよ、七海さん・・・
いやー、凄かったな・・・

そして。
歌仙さんに斬られた後の
ホッとしたような嬉しそうな声(席の角度的にお顔は見えず)、
対する歌仙さんの辛そうな顔・・・
っていうか、歌仙さんが自分で自分のしたことが
信じられないような顔してて、
それにも泣けた(´;ω;`)ウッ…
その歌仙さんに対するガラシャ様の
「悔いることはなりません」
の言い方がとても穏やかでね・・・(´;ω;`)ウッ…

迎えに来てくれた忠興様との場面は
2人の周りにハートマークが
たくさん飛んでるようにしか見えないくらいだった。
何だかんだ言ってラブラブじゃん!!!・゚・(つД`)・゚・
蛇のような女じゃ、って忠興様が嬉しそうに言ってて
そこでもうさらに涙が溢れてきたのに
そんなこと言われたからたま様(ここはたま様だよね)も
すごい嬉しそうな笑顔でねーーー。゚(゚´Д`゚)゚。。゚(゚´Д`゚)゚。。゚(゚´Д`゚)゚。
忠興様が手にした歌仙兼定を
二人で愛しそうに見つめていた姿が目に焼き付いています。

こういうことがあるから
生の舞台と言うのは何度観てもいいんですよね。
今日の舞台は今日だけのもの。
明日の休演日が終わればあとは大千秋楽に向かって
一気に駆け抜けていく綺伝という作品が
1公演1公演どんな物語を紡いでいくのか、
楽しみにしています。
とにかく無事にその時が迎えられますように。
そして明日はしっかり身体を休めて
ラストスパートに備えられますように。。

スポンサーサイト



 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dreamingeneration.blog90.fc2.com/tb.php/2049-b1f87cb0